nagominogarden’s diary

植物と共に暮らす日常

多年草・宿根草

バーベイン

夏は花が付かなくなっていた、 バーベイン。もりもりと復活して、小さなピンクの花が咲いています。

フジバカマ

斑入りの葉が綺麗な フジバカマ。いつも、葉っぱを虫に丸坊主にされ、 ほとんど花が咲くこともなかったのに、 今年は、こんなに蕾が! 嬉しいな。

トウテイラン

一年目に花の咲かなかった トウテイラン場所を移動して、花を付けました! シルバーリーフに優しい紫の花。 ソフトな印象の植物です。秋の寄せ植えにも使えます。 ミントが、ぐいぐい進出している~

シバザクラ

あれっと、気づいたら桜色の小さな花が咲いていて、 何かと思ったら、予想外のシバザクラでした。 春の花が今頃・・・ 狂い咲きなのかな。 しかも、2ポットだけ見つけて植えた 紫の花だったのに、ほぼピンク。 と思ったけれど、写真で見たら、まあまあ紫っぽ…

ハゴロモジャスミン

切り花にして飾った カロライナジャスミンとアジサイ かれこれ、3週間くらい持っていて この気温の高い時期に優秀です。 ハゴロモジャスミンは、花の香りは 強すぎる感じですが、 常緑の蔓は、切り花に添えるのに重宝します。 柔らかなラインが優しい印象を…

アイビーベリー

寄せ植えなどでおなじみの、アイビー。 今日は、、実を楽しむほうのアイビーベリーの挿し木を鉢上げしました。 アイビーとの違いを調べてみると、 葉を楽しむアイビーは、セイヨウキヅタ(Hedera herix)。 実を楽しむアイビーベリーはキヅタ(Hedera rhombe…

シュウメイギク

お盆ですね。我が家は、両家の実家が遠方なので、 帰省できません。なかなかお墓参りにも行かれないので、 お線香だけでもと、たきました。自分の子供の頃のように、 親戚が集まってということが、 ほとんどないので、 子供達が、血の繋がった親戚や ご先祖…

タイミント

タイでサラネーと呼ばれるタイミント。 白い花が咲きました。 茎が黒いので、ブーケに使っても ちょっとしたアクセントになります。 生春巻きに入れようと思いながら、 面倒な気がして、なかなか作れずにいます。 エビを買ってこよう。

ルドベキア

背丈が伸びて、倒れてきたルドベキア。小さなヒマワリのような花で、 元気をもらえます。まるで、笑いかけているかのよう。切り花にして、ジニアやブルーベリーの枝などと飾りました。こうして、長いまま飾れるのは1日か2日。 茎が柔らかく、水揚がりが良く…

ヒメヒマワリ

昨年、植えたヒメヒマワリが咲きました。 宿根草です。オレンジ色が印象的な花ですが、 咲き始めは赤に近い色でした。 少しずつ退色していきます。

ミソハギ

梅雨明けした福岡は、 真夏のような暑さです。暫くは、水やりがひと仕事。 風呂水のくみ出しポンプが活躍します。 アジサイが終わる頃に咲き始める ミソハギ。昨年よりも増えて、ボリュームも出てきました。

シレーヌ

春の花の後、切り戻していたシレーヌ。 再び咲き始めました。 スモーキーなグリーンに白い花 色も形も愛らしい~こぼれ種で増えると聞いたので、 来年が楽しみです。

ホワイトミント

ホワイトミントの花が咲き始めました。 ミントという名前が付いていますが、 セージの仲間です。ミントのような香りの葉は、 ミント同様にティーに使えます。とても丈夫で、背を高くしますが、 だいたい倒れてきて、 自立しないようです。白い小さな花は、可…

カラミンサ

カラミンサはミントのような香りのする宿根草です。今、小さな花が沢山咲いていて、ハーブ類と優しく調和しています。昨年のこぼれ種から育ってきた分も、花が咲きそうになってきました。

プリンスチャールズ

クレマチスのプリンスチャールズ。 大好きな色のクレマチスです。 春の花が終わった後、 切り戻ししたら、 もっと沢山咲きました。 バラが終わって寂しくなってきたフェンスに 彩りを添えてくれています。

ボッグセージ

空の青さを思わせる ボッグセージの花。 まさにスカイブルー。宿根草で、地下茎で増えている様子。 だんだんと広がっています。爽やかなブルーは、 どんな色とも相性が良いようです。

アラベラ

この春、手に入れた クレマチスのアラベラ。咲いてきました。なかなかいい具合のお花。 色も形も好きなタイプです。帰り咲きのジャスミーナに 寄せてみました。

碧の瞳

常緑アジサイの碧の瞳。 昨年、挿し木したものが開花しました。和を感じさせる、小さな花。 他の草花とも合わせやすく、 さりげなさが好きです。常緑なので、用途が広いアジサイだと 思います。

チェリーブランデー

ルドベキアのチェリーブランデー 宿根草です。昨年、処分品で100円で購入したのが、 大きくなりました。雨に濡れる、紫陽花やセージと共に。

モナルダ

モナルダは、ハーブとして利用される 多年草です。 タイマツバナとも呼ばれます。ティーにして、消化促進作用があるそうです。花色は、白や赤などもありますが、 我が家のモナルダは、この色。丈夫で、広がっていくので、 だいぶ抜いてます。

エキナセア

エキナセアは、ハーブとして利用される 宿根草です。ハーブティーなどに使われ、 免疫力を上げると言われています。我が家の3色のエキナセア。ビビッドな色の花は、 見ているだけで元気をもらえます。

トリトマ

トーチリリーとも呼ばれる、トリトマ。 宿根草です。シャープな葉と、オレンジのグラデーションが美しい花を咲かせます。 個性的な姿なので、ポイント使いにも。丈夫で、無肥料でも育っています。

アガパンサス

数年、花のつかなかったアガパンサス。 宿根草です。道路極の最も日当たりの良い所へ 移植したのが、昨年でした。肥料と共に植え付けたら、 花が咲きました。紫陽花とも相性がいいですね。

ホシキキョウ

ホシキキョウ。 横に伸びていくタイプのカンパニュラです。 宿根草で、良く増えます。その名の通り、星形の小さな花。 ここには、2色植えていて、 右側の方が少し花が大きく、 ピンク系の紫です。紫陽花の足元に紫のグラデーションを 作ってくれました。

ラムズイヤー

宿根草のラムズイヤー。モフモフ手触りのシルバーリーフが 魅力的。 この時期は、背を高くして花を咲かせます。手前のサルビアや、後ろの紫陽花と いい雰囲気になりました。

プリンセスダイアナ

クレマチスのプリンセスダイアナ。 宿根草です。 ストロベリーレッドに近いピンクの花は、 チューリップ型。 作り物のように可愛い。バラの花が少なくなったフェンスで 元気に蔓を伸ばしています。

ホタルブクロ

地下茎でどんどん伸びて、どんどん増える ホタルブクロ。花が咲くときだけは、 あって良かったなって 思います。いつも、バシバシ抜きますが、 今年も健在。

エトワール・バイオレット

春先に、思いきって移植したクレマチス。 無事に蔓が伸びてきて、 花まで咲きました。やっぱり、アイボリーカラーのフェンスより、 レンガの方が合っている。移植に失敗したときの為に 挿し木したものは、こんな感じ。 持ち上げてみると、 発根してました!…

プリンスチャールズ

クレマチスの季節となりました。大好きなプリンスチャールズ。うつむき気味に咲く姿が、 中空に浮いているかのよう。 絶妙カラーも素敵!

クリスマスローズ

花の見頃は、とっくに終わっているクリスマスローズ。種がこぼれ落ちています。 種は、乾燥させると良くないそうなので、 種の袋がはじけそうなものを開いて 取り出し、直ぐにポットに入れました。 暖冬の時には、発芽率が良いような気がします。 今年は、ど…